関税額の計算方法って知ってますか?

 

中国から商品を輸入するにあたり、

  • 関税
  • 消費税
  • 通関手数料

がかかってくるのはご存じですか?

 

これらはどうやって計算されているのでしょうか?

 

結構ややこしかったりするので、リサーチ段階ではざっくり計算しています。

でも、原価計算ができていないと、うっかり赤字なんてことになったら、大変!

 

今回は、先日、中国からEMSで商品を送ってもらったときの

実際の「国際郵便物課税通知書」を見ながら、計算方法をひもといてみます。

 

関税の計算方法

 

まずは関税から。

商品代金と送料、保険料を合わせたものの60%が課税価格となります。

今回の書類では「33,200」となっているところですね。

課税価格が20万円以下の場合、
税率は一般的に簡易税率が適用されるので、今回は3%でした。

  33,200円×3%=996円

10円未満を切り捨てるので、関税は「990」円でした。
(実際に納付する額は100円未満を切り捨てるので「900」円です。)

 

消費税の計算方法

 

関税のほかに払わないといけないのが、消費税

消費税はご存知のように2021年現在、一部を除いて10%です。
うち、7.8%が内国消費税、残り2.2%が地方消費税だそうです。

消費税はなんと関税にもかかる!ので、
さっきの課税価格「33,200」円と
100円未満切り捨てた関税額「900」円を足した額

  33,200円+900円=34,100円

「34,100」円の1,000円未満切り捨てた額「34,000」円に対して計算されます。

ややこしい。。

  34,000円×7.8%=2,652

なので、内国消費税額は「2,652」円となるようです。

 

地方消費税(2.2%)は、
内国消費税額の22/78に当たる額なので、

「2,652」円を100円未満切捨てした「2,600」円に22/78をかけて

  2600×22/78=733.333

「733」円となりました。

切り捨て、ややこしいですね。
まぁ、当然なんですが、通知書の通りでしたね。

実際に支払う額は、
内国消費税と地方消費税を足して、

  2,652円+733円=3,385円≒3,300円


100円未満切り捨てた額なので
3,300円となります。

 

こんなややこしい計算を覚える必要もないですが、
ざっくりと計算方法がわかっているだけでも
経費計算がしやすいです。

通関手数料の計算方法

最後に通関手数料です。

EMSの場合、1箱200円がかかります。

今回は、約55,000円の商品を仕入れるのに、
関税900円、消費税が3,300円、通関手数料200円の
合計4,400円がかかりました。

 

 

長々と説明してきましたが、
ざっくりとでも、輸入にかかる税金に関して、
おわかりいただけましたでしょうか?

難しいですが、ざっくりとでも費用を計算できると
赤字が出にくくなりますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました