私の今までの道のり

私のこと

私が中国輸入を始めるきっかけとなったのは、
ダンナさんが勤めているところで代替わりがあり、
新社長とはウマが合わないというか、
なんかやりにくいようだったので、
長くは勤められないだろうな、と感じたのが始まりでした。

先のことを考えて、
次の就職先を探してくるようなタイプではないので、
次の働き口を探してあげなきゃと私一人で焦ってました。

だって小さい子どもが2人もいるし、
私も勤めてはいるけど、
時短勤務でそんなにたくさんのお給料はもらっていないし。

現在の生活も、将来の子どもの学費も、もっと先の老後の生活も
考えるといろいろ心配になって、
なんとか働いてもらわなきゃって。

そんなこんなで見つけてきたのが中国輸入。

中国輸入を選んだ一番の理由は、
ダンナさんが中国人なので、中国に縁があるっていうこと。

あとは、実際に稼いでいる人の数字や利益率を見て、
利益率30%で月100万売上があったら、
サラリーマンの月収と同じようにやってけるなと思って
私にもできるんじゃないかな!と希望を持てたから。

その後スクールに入って、タオバオ仕入れAmazon販売の基礎から
教えてもらったんですが、

私の場合、そうすんなり進まず。。。

スクールに入っていざカリキュラムを進めてみると
初めてのことばかりであわあわするばかり。
でもやればやるだけ、結果が目に見えてやってくるんですよね。

威勢はいいくせに、なんやかんや理由をつけて行動できない私。
一度やってみれば、たいしたことないってわかってサクサクできるんですが、
最初の一歩を踏み出すまでにずいぶんかかってしまいました。

そうこうしているうちにあっという間にスクール期間の6か月が終了。
初めての売り上げはスクール入学2か月後に5,000円。
スクール終了時点で月商30万円程度。
月利10万円くらいかな。

ちょうどその時期、確定申告の時期だったので、
売上を冷静に分析できる機会となり、
みていたら、Amazonへの手数料ハンパない!
販売手数料にFBA手数料。
売上そんなにないのに、かなりの額をAmazon様に献上してたんですね。

また当時、ちょうどAmazonで詐欺行為が横行していて、
客離れが激しかったとき。
Amazon以外の販路も見つけようと思って、
メルカリでの販売も始めました。

すでにAmazonに出品している商品を右から左に出すだけなので、
そんなに手間はかからず出品できました。

発送も最初はAmazon倉庫からしてもらってたんですけど、
規約に引っかかるとのことで、
警告をいただきまして、それ以来すべて自己発送商品にしています。

クリックポストで送れる商品を選んで出品しているので、
送料は全国一律185円。
販売手数料10%を払っても、利益率50%くらい取れています。

利益率の面だけでなく、
メルカリには、私を成長させてくれることがありました。

それは、購入者とのコミュニケーション。
その商品が大好きな人が買ってくださるわけなので、
正直に商品知識がないことを明かして、
どんな商品が欲しいのか、どんなことで困っているのか
など聞いて回りました。

するとやはりお好きな方は素晴らしい。
自分ではたどり着けない商品に導いてくださるんですよね。

そんな感じでみなさんに支えられて、
順調に拡大していくんですが、
購入者様とのやり取りや発送作業にやっぱり時間がかかってしまう。

日中は会社に行って、休み時間にコメントに返信して、
帰ったら、子どもたちを迎えに行って、
ご飯作って、宿題を見て、お風呂に入れて、
寝かしつける。そのまま帰らぬ人となった夜も数知れず。
帰還成功時には何十点という発送作業や再出品。

こんなんじゃ私に余裕が持てなく、
幸せから遠のいてるって気づいてからは
毎日30分程度の作業時間で完了できる範囲の商品数に落ち着きました。

めっちゃ長くなってしまいましたが、なにが言いたかったかといえば、
私にとってはAmazon販売よりもメルカリ販売がよかったよ。という話です。

中国輸入はたくさんの商品を取り扱ったり、
OEM商品をAmazonで大々的に販売して、
FBAを使って自動販売機的に大きく儲けることもできます。

サラリーマンは時間がないから、FBAの自動販売機がいい!
とよく言われますが、
私にとっては、Amazonの販売リズムの速さがついていくだけで精一杯で
次から次に納品しないといけなく追い立てられるような感じが
息苦しく感じていました。

今もまだAmazonでも販売はしていますが、
回転がそんなに速くない商品をリピートするだけで、
新商品を増やしたりもしていないです。

私はサラリーマンを辞める意思もないですし、
子どもとまったりとも過ごしたい、
いつかのためにダンナの仕事も確保しておきたい、
その結果、少しお金が入ってきてうれしいな。

しかも、自分の提供した商品で喜んでくださるお客さんと
直接やり取りできるっていうのが楽しくて
メルカリでの販売を主に続けています。

 

結論は
こんなふうに、自分に合った場所で
自分に合ったペースで稼ぐことができる
中国輸入がおすすめですよ、ってことでした。

長々と失礼しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました